コンサルティング

事業戦略支援

事業戦略支援の図表

多店舗化・フランチャイズ(FC)本部構築

開発したビジネスモデルが市場において優位性を持っていれば、それをノウハウを展開することは事業リスクを抑えた成長戦略と言えます。

先ずは自己資本による水平展開で多店舗化を図ります。

次に実際にFC展開が可能かどうかのフィジビリティ・スタディを行います。

そしてFC化が可能と判断できれば、マネジメントおよびオペレーションのノウハウを蓄積して、マニュアル化・スーパーバイザー育成を進めることで、他人資本によるFC展開が可能になります。

FC本部構築のためのコンセプト設計、プロトタイプ開発、FCパッケージ開発、中期事業計画作成、法定開示書面、契約書の作成までトータルに支援します。

費用:<基本パッケージ>360万円(消費税等含まず) 契約期間:6ヶ月〜
※別途、弁護士費用がかかる場合があります。
※マニュアル作成については、別途費用がかかります。
ページの先頭へ

新店舗・新業態開発

新店舗、新業態開発は先ずコンセプト・ワークから始まります。コンセプトワークがしっかりしていれば、開業後に軸がぶれることはありません。

次に立地・商圏・ターゲットなどの環境分析、ドメインの設定を行います。

そして事業計画、収支計画、資金調達計画、投資回収計画、を行い、オペーレーションレベルでのメニュー開発、アトマスフィアの決定、内装・厨房工事の管理、什器備品の選定、人材の募集、研修、などの開店前作業を行います。また、HP・ブログの作成、DMの作成、リリース発表、などの広報宣伝活動も同時に進行させます。

コンセプト・ワークから開店までの複雑な業務を、トータルに支援します。

費用:50万円〜(消費税等含まず)
※別途お見積もりいたします。
※メニューブック・POP等の制作については、別途料金が発生します。
※HP・ブログ等の制作については、別途料金が発生します。

【印刷物系制作物 料金一覧/例】
ロゴ開発:10万円/ イラスト作成(1点)1万円/ 写真撮影(一式) 6万円 /メニュー作成デザイン料(1P):2万円 /POP作成デザイン料(1P):2万円
カード・パンフ作成デザイン料(両面):3万円 
※料金はデザイン料です。印刷物等には別途実費が発生します。個別にお見積もりいたします。

【WEB系制作物 料金一覧/例】
ホームページ・ブログ制作(一式) :40万円 
※ドメイン取得、サーバレンタルには実費がかかります。個別にお見積もりいたします。
ページの先頭へ

飲食店経営のポイントの一つに製品戦略、如何にヒット商品をプロデュースするか、ということが挙げられます。

店のコンセプトを踏まえながら、新鮮なものを新鮮に、熱いものを熱々に、満足感のある食べ応え、などの切り口でメニューを構成しつつ、圧倒的な目玉商品を開発してゆきます。目で見て、パフォーマンスを楽しんで、音で聞いて、香りに魅せられ、そして食して感動する、そのトータルのメニュー開発がコアコンピタンスとなります。

ドリンクとのバランスも考えらながら、見るだけでも楽しめてお客様を飽きさせず、そして儲かるメニュー作りを支援します。

費用:30万円(消費税等含まず) 契約期間:3ヶ月 (@10万円/月)
※メニューブック、POP等の制作には別途料金が発生します。
ページの先頭へ

サービス研修・マニュアル化

サービスの特性は、無形性、変動性、不可分性、非貯蔵性にあります。

サービスは提供する人・コンタクトパーソネル(CP)と不可分であり、CPによっても質が均一でなく、消費が同時に行われその場限りで消滅します。CPのベーシックな質を均一にするためにはマニュアル化は有効です。

しかし、その場限りで消滅するサービスによりお客様に感動を与えるのは、それだけでは足りません。CP自らが考え工夫し、顧客とのよりよいインタラクティブ・マーケティングを行うことが必要となります。

顧客に感動を与えるコンピテンシーモデルを明らかにし、MTGや研修を通じてCPのポテンシャルを最大限に引き出す支援をします。

費用:30万円(消費税等含まず) 契約期間:3ヶ月 (@10万円/月)
※マニュアル作成は1ページ@1万円〜、60ページから承ります。
ページの先頭へ

売上UP・販売促進

売上の構造は、客単価×客数です。

客単価UPは、単にメニュー価格を上げるのではなく、一人あたりの平均皿数を上げる、つまりデザートなどのカテゴリーの追加や、追加オーダーの取りやすいポーション、サービス体制の工夫など、総合的に検証します。

また客数UPは、DMやメール配信により定期的に店から情報を発信し固定客化を図るべく、まず顧客のリスト化、顧客名簿管理のシステムを構築します。 また、その際の情報のネタとなるイベントやシーズンメニューの開発を行います。

売上UPのための、この2方向のアプローチ・販促を支援します。

費用:30万円(消費税等含まず) 契約期間:3ヶ月 (@10万円/月)
ページの先頭へ

原価・コストダウン・ストック削減

飲食店の原価は大きくフード原価とドリンク原価に分かれます。

フード原価が30〜40%なのに対してドリンク原価は20〜30%であり、フードとドリンクの比率を見直すだけでも原価の低減は図れます。また、同一素材の調理方法を変えて食材を使いまわしたり、カーボネーター付きドリンク・マシンの導入により、ストックを減らし原価の低減を図ることもできます。

さらにメニュー間の原価差を利用して、高利益のアイテムの稼働率を上げるように、メニュー改訂や個別プロモーションなどの手法を組み合わせて、総合原価の低減を支援します。

費用:30万円(消費税等含まず) 契約期間:3ヶ月 (@10万円/月)
ページの先頭へ

IT化推進・webマーケティング支援

現在の飲食業界においては、情報技術を駆使した販促は不可欠です。しかし有料グルメ検索サイトは既に飽和状態であり、ただ単に掲出するだけでは効果は上がらず、 その中で目立つにはそれなりの費用がかかります。

ITを活用してOne to Oneマーケティングを行う、これがこれからのwebマーケテイングです。費用をかけずに手間をかけて、顧客との接点を親密化してゆく、リレーショナル・マーケティングともいえます。

ホームページ作成、メールマガジン、ブログ、SNS、ケータイサイトなど、総合的なwebマーケティングで顧客の囲い込みを支援します。

費用:30万円(消費税等含まず) 契約期間:3ヶ月 (@10万円/月)
※HP・ブログ等の制作については、別途料金が発生します。
ページの先頭へ