フランチャイズ本部構築 1/4

フランチャイズ・ビジネスとは

フランチャイズ・ビジネスのしくみイメージフランチャイズとは、自己の商標やブランドを他人に使わせしめ、事業のためのノウハウを供与し、その対価として加盟金やロイヤリティを受け取るビジネスです。

フランチャイズ・システムのメリットは、他人資本を使って事業展開できるので事業成長のスピードが速いということです。
逆にデメリットは、契約ビジネスであるだけに契約条項解釈の相違による訴訟などのリスク、共通ブランドを使用するために1店のマイナスイメージがブランド価値全体を毀損するというリスク、提供付加価値のの陳腐化を避けるための絶えざる業態開発と経営指導に関する労力などが挙げられます。

フランチャイズ本部として、新たなビジネス立ち上げる際には、これらのメリット・デメリットを十分に検討する必要があります。

フランチャイズは説明ビジネス

説明ビジネスフランチャイズは説明ビジネスと言われます。

それは、ノウハウや技術をマニュアル化して紙面や映像上で伝達可能なものとするということや、契約書でブランド価値を維持するためのルールを詳細に定める、といったことに由来します。

誰が読んでも理解可能な解りやすいマニュアルの体系を構築することや、加盟者との間で疑義の余地のない精緻なフランチャイズ契約書を定めることが重要です。また法律により、フランチャイズ本部は一定の情報を開示することが定められています。

そういった観点からもフランチャイズ本部を目指す企業には、コンプライアンスやディスクロージャーの精神が求められるのです。

次のページへ2/4 フランチャイズ・ビジネス成功の条件とは?

ページの先頭へ