ホームページへ>会社情報>エグゼクティブ・パートナー

エグゼクティブ・パートナー

エグゼクティブ・パートナー
宇野 毅 Takeshi Uno

略歴

1961年生まれ。貝塚市出身。1985年大阪大学法学部卒業後、総合酒類食品メーカーに入社。
社内公募で飲食チェーンに出向し、新規事業開発を担当。その後、米国大手飲食チェーンのマスターフランチャイズ権を獲得し日本法人を設立。
450店を超えるチェーン化を進める中、経営企画、マーケティング、オペレーションなど本部基幹業務を統括、最終職務は専務取締役営業統括本部長。中小企業診断士、公認内部監査人。
現在、(株)プロップビジネスコンサルティング・エグゼクティブ・パートナー。

人物像

大学時代はチーム一番の小柄ながら、体育会アメリカンフットボール部で奮闘し、社会人になった後は20年以上を海外フランチャイズチェーンの日本本部構築に懸けてきた。ソフトなこだわり派。
新しいことへのチャレンジ、ワクワクが原動力。趣味は旅行とウォーキング、スポーツクラブ通い。

メッセージ

契約ビジネスとして発展してきたフランチャイズですが、深刻な人手不足を背景に、そのあり方について見直すべき時期に来ています。SDGsの実現をも求められるこれからの本部には、利益を上げるビジネスモデルづくりにとどまらず、自らの従業員とその家族、加盟者とその従業員を幸せにする経営が求められています。
その実現のためには「人を大切にする」という普遍的な目的・理念に基づく経営が極めて重要です。
本部が意志を込めて実践していくことで、加盟者は自らチェーンの先頭に立って、顧客や地域社会に対してより優れた商品やサービスを提供し続ける「自己組織化」された『進化型フランチャイズシステム』が成立していくことになるでしょう。
私はチェーンビジネスの専門家として、そのような人と社会と環境にやさしいエシカルなチェーン本部を構築するための、戦略的マネジメントと適正な内部統制を実現する支援を行っていきたいと思っています。
エグゼクティブ・パートナー
杉谷 憲一 Kenichi Sugitani

略歴

1966年大阪市生まれ。1988年神戸大学法学部卒、同年総合酒類食品メーカーに入社。 飲食店向け営業を皮切りに、飲食店業態開発や海外レストラン事業に従事。その後は海外飲食ベンチャー企業現地代表として上海1号店立上げ、香港海外マスターライセンス事業展開ののち、国内複合型カフェチェーン取締役として新規フランチャイズ事業展開を主導。
中小企業診断士、グロービス経営大学院MBA。現在、(株)プロップビジネスコンサルティング・エグゼクティブ・パートナー。

人物像

幼少期の外食体験が自らの幸せの原風景。企業永続のための利益確保と幸せ提供業としての飲食業の在り方の両立を追求している。無類の釣りキチで、海・川・湖、どこへでも出掛けるが、いつまでたっても下手の横好き。釣魚に限って料理もこなす。

メッセージ

大阪下町生まれの私にとって、幸せの原体験は年に1度か2度の外食でした。そんな幸せを提供できる業界に興味を持って社会人になって以来、私は飲食ビジネスに関わる経営者の皆様から教わり、時には意見を戦わせ、時にはともに成功を喜び合い、自身も数多くの業態開発、フランチャイズ展開、海外ビジネスの知識と経験を蓄積してまいりました。
飲食をチェーン化して永続させようとする企業にとって最も重要なことは、理念をベースとした組織作りであり、そして再現性のある本質機能と顧客化の源泉となり得る表層機能のバランスの構築・実現です。経営は十人十色、答えは一つではないし、100点満点の答えもないと思っています。貴社にとっての、より良い在り方をともに現場目線で考え、成長戦略を実現するお手伝いができればと思っています。
ページの先頭へ